電子書籍で本読むひとが増えています

最近は電車のなかで電子書籍を読んでいる乗客の姿を本当に多く見かけるようになったと感じています。
電子書籍が出始めて来たころのことは私もよく覚えていますが、その頃は電子書籍で読める出版物の本数が少なく、それが電子書籍の普及を遅らせていると言われていたものでした。そのような状況はしばらく続くものかと私は思っていましたが、思っていたよりも早く改善されたようです。
今では電子書籍で読める本もかなり充実してきているようです。
読みたい本が電子書籍として出版されているのであれば、ダウンロードするだけで読めるのですから手軽で便利だと思います。
また紙の出版物より購入価格が安いのも購入する側から見れば良い点だと思います。電子書籍で本を出版するのは出版社側から見ても利点が多いようです。

例えば、本であれ何であれ売れるのかどうかは誰にも判りません。常に在庫を抱えるという不安があります。
この、在庫を抱えるという不安が電子書籍には存在しません。データですからコピーすれば良いだけの話しです。
このような利点から、最近ではまず最初に電子書籍で出版して評判を調べるということが行われているようです。
電子書籍での売り上げが良い小説などを後から紙の本として出版するという方法です。
売れ行きもある程度予測できますから、今後はこのような出版形式が多くなるような気がしています。